カードローンの返済方法とは

カードローンの返済方法とは

最近は一万円程度のお金が欲しい時は気軽にクレジットカードを利用してお金が手に入る時代になってきました。

昔に比べて、現在は、カードローンに対する認識も変わってきました。

昔はカードでお金を借りる場合、翌月の支払額が決定するまでドキドキしたものでした。

しかし、最近ではそんなことはありません。

その原因の一つに「リボルビング払い方式」が導入されたことが挙げられます。

リボルビング返済は、借入額がいくらでも毎月の支払額が決まっています。

これは利用者にとっては大変便利で安心できるシステムなのですが、リボルビング払いにも大きな欠点があります。

それは、リボルビング払いの場合、「返済期間が長くなってしまう」というデメリットがあります。

返済期間が伸びればそれだけ多く金利も付きます。

結局トータルで見ると「月々の支払い学は定額だが、返済期間が長くなるため、トータルの返済額が増大してしまう」わけです。

払える時は多く払ってしまったほうがいいかも知れません。

前の記事