住宅ローンの諸費用

住宅ローンの諸費用


念願のマイホーム!!を購入する際には、住居そのものの購入費用のほかにも、物件価格のだいたい一割程の様々な諸費用がかかってきます。この諸費用は契約の時に現金で支払う場合が多く、住居の頭金と別に予算を組んでおく必要があります。

~諸費用の内訳~
・税金関係…登録免許税・売買契約書に貼る収入印紙・登記手数料など。
・保険関係…特約火災保険料・団体信用生命保険特約料・特約地震保険料など。
・銀行関係…保証料・融資手数料など。
・引っ越し関係…運送費・ゴミ処分費など。
・家具などの諸費用…家具・家電費用・インテリア費用・雑費など。

このように住宅ローンを使って新築一戸建てを購入すると、一戸建ての価格に加えてこれらの大きな費用がかかってきます。
なかでも、見落としがちなのが、引っ越し費用などです。銀行は住宅ローンにかかる直接の費用についてはきちんと説明してくれますが、引っ越し費用など銀行に関係のないことは、ほとんど何も言ってくれないので注意しましょう。
住宅ローン借り換えナビ.net


もし諸費用分のお金を持っていないのであれば、諸費用分のお金も含めて住宅ローンで借りる必要があります。
なので、住宅ローンの契約をするときは、諸費用分の支払いのことを忘れずに、借入金額や返済年数を決めていく必要があります。

団体信用生命保険

関連記事


担保も保証もなく貸し付けるということなので

銀行カードローンならば、何でも専業主婦が利用できるかというと、一応ハードルはあります。「年収○○以上は必要」などと細部に及ぶ条件が規定されている銀行カードロ...


キャッシングの支払い方法

銀行カードローンの月々の返済金額は通常返済期日の借入残高に応じた一定額です。しかし、まとめて返済するボーナス時の繰り上げ返済をできるところもあります。いくつもの...


キャッシングでおまとめすること

消費者金融をおまとめすることの長所は金利の安いキャッシングに借り換えローンすることで返済負担を軽くしたり毎月の負担を減らせることです。金利が安いおまとめロー...


カードローンはとても簡単

消費者金融はとても簡単で給料日前にお金がピンチのときにすぐに振り込まれるカードキャッシングも登場しています。おまとめローン一本化の申込時の審査がありますが収入状...


消費者金融では法令によって

消費者金融系だと貸金業法で、金額が50万円以上の融資または合計100万円を超える融資の場合は給与明細などの所得証明書の提出が条件となるので審査内容も厳しくな...


おまとめ一本化の申し込みで

借り換えローンの申し込みをする場合、審査のポイントとしては勤続年数、借金の件数、返済の延滞、などが重視されるようなので気をつけるといいでしょう。キャッシング...


借り換えしてカードローンの返済を楽にする

カードローンの返済が1か月や2か月程度で終わるような借り方をしていれば、それほど気にする必要はないですが、何か月もかかって返しているのに終わらない状態が続いてい...


住宅ローン金利ランキングおすすめ借り換えのことはこのサイトですね♪

さて、おすすめサイトの紹介。住宅ローン金利ランキング【変動・固定金利を比較、安い銀行は?】というHPです。 わりとサイトが整理されてますし、多くの方に知って貰...


債務整理の相談をお探しですか?こちらのサイトは必見です

債務整理の相談で調べていてしっかりしてそうなところを見つけました。 債務整理相談弁護士・法律事務所の評判は?【住宅ローン・カード・車ローン・過払いなんでも相談...


カードローンの金利の上限

カードローンの金利の上限は法律によって最初から決まっていますので、絶対に消費者の負担になりすぎることはありません。法律上では、融資の元金が大きくなればなるほど金...


AX