カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違い


「ローン」と言われた場合、ほとんどの方が頭に浮かべるのは「住宅ローン」や「教育ローン」など、ある程度まとまった大口の融資のことを思い浮かべるのではないでしょうか。

ひと昔前までは確かにそういった大口の融資を「ローン」と呼ぶことが多かったようです。

しかし、最近はカードローンなるものが登場し、専用カードを発行してそれを利用して融資を受けるといった形態が多いようです。

それに対し、「キャッシング」とはいったいなんなのでしょうか。

実は「カードローン」と「キャッシング」は現在ではほとんど境界線がありません。

あえて挙げるとするなら返済方法でしょうか。

カードローンで大口の融資を受けた場合、返済は毎月決まった額を返済するケースが多いのですが、キャッシングの場合は基本的に一括返済を前提に借りるケースが多かったようですが、最近ではキャッシングの返済方法も多様化しており、ますますカードローンとキャッシングの境目はなくなりつつあります。


関連記事


カードローン一括返済

最近は買い物をする場合、カードで支払いをする人も多いようです。 大きな買い物などにはカードローンは向いていますが、少額の借り入れならどうでしょう?カードローン...


カードローンにはリボ払いもある

カードローンをご利用されていらっしゃる方は今は多くいらっしゃると思います。 カードローンの返済方法は大抵「一括払い」「分割払い」「リボ払い」の3種類に分かれる...


リボルビングは注意しないと気づかいないうちに損してるかもよ

最近は一万円程度のお金が欲しい時は気軽にクレジットカードを利用してお金が手に入る時代になってきました。 昔に比べて、現在は、カードローンに対する認識も変わって...


AX